top of page

みっつのシッポ

#母の日記念


お母さんは何よりも子どもたちの幸せを願っています。そして、人の思惑で蔑ろにしてよい命などありません。


「ひとつ目のシッポの話し」


 シッポは5匹兄弟の5番目として、野良のお母さん犬から生まれました。

なぜ、シッポかというと、他の兄姉よりもシッポが小さいからです。

ある日、いつも優しいお母さんが、暗くなっても帰って来ない、兄姉、みんなが心細く、泣き続けました。

次の日、見た事の無い大きな生き物が、僕たちを覗き込むと同時に、次々と箱の中に、入れ始めました。最後に僕を抱え上げると「シッポが小っちゃいなぁ」と一言。箱のふたが閉められると、真っ暗、怖くなって、みんなで泣き始めました。

変な音がして、ずっと揺れていたかと思うと、たくさんの犬たちの泣き声が、箱の外から聞こえてきました。

その中にひときわ、聞き覚えのある大きな声。

箱のふたが開くと、お母さんの顔が。箱の中に顔を突っ込んで、みんなを一生懸命なめてくれ、僕らも一生懸命になめ返しました。すぐに、あの生き物が、僕たちを箱から出してくれたので、僕たちは大喜びで、お母さんに飛びつきました。

お母さんは、出掛ける事も無く、いつも一緒にいてくれるようになりました。

あの大きな生き物の仲間が、お母さんに、食べ物や水を持ってきます。僕たちもたまに食べました。でも、空も見えなく、風の匂いもしなくなりました。

何日か過ぎました。

哀しい声を聴きました。

ある日、僕たちを大きな生き物の仲間が、別の場所に連れ出しました。お母さんが吠え続けています。

僕たちは前よりも、もっと狭い場所に入れられました。

息が苦しくなりました…。



「ふたつ目のシッポの話し」


 シッポは5匹兄弟の5番目として、野良のお母さん犬から生まれました。

なぜ、シッポかというと、他の兄姉よりもシッポが小さいからです。

ある日、いつも優しいお母さんが、暗くなっても帰って来ない、兄姉、みんなが心細く、泣き続けました。

次の日、見た事の無い大きな生き物が、僕たちを覗き込むと同時に、次々と箱の中に、入れ始めました。最後に僕を抱え上げると「シッポが小っちゃいなぁ」と一言。箱のふたが閉められると、真っ暗、怖くなって、みんなで泣き始めました。

変な音がして、ずっと揺れていたかと思うと、たくさんの犬たちの泣き声が、箱の外から聞こえてきました。その中にひときわ、聞き覚えのある大きな声。

箱のふたが開くと、お母さんの顔が。箱の中に顔を突っ込んで、みんなを一生懸命なめてくれ、僕らも一生懸命になめ返しました。すぐに、あの生き物が、僕たちを箱から出してくれたので、僕たちは大喜びで、お母さんに飛びつきました。

少しだけ、僕たちは大きくなりました。

ある日、

お母さんと僕たち、他の犬たちを、大きな生き物の仲間が、別の場所に連れ出しました。

久しぶりの空の下です。すると大きな生き物がたくさんいました。大きな生き物と、そっくりの半分くらいの生き物もいました。ガヤガヤと僕たちを触り始めました。

兄姉たちを、別々の大きな生き物やその半分くらいの生き物が、連れて行ってしまいました。僕はお母さんとふたりになりました。

兄姉たちはいなくなってしまいましたが、定期的にそんな日があります。

その日は、空が見えて、広い場所に出られるのが、嬉しい日でした。

また、少しだけ大きくなりました。

ある日の空が見える日、お母さんが連れて行かれました。

僕はひとりになりましたが、仲間もできました。

でも、空が見える日には、また、いなくなる事が多いです。

いつもの空の日

しわくちゃな大きな生き物が、僕を抱きかかえました。

でも、いつもの大きな人間が、何かを言って、僕を無理やり引き離しました。

また、月日が流れました。

僕は空の見えない、風の匂いもしない部屋で、いつしか長い眠りにつきました。



「みっつ目のシッポの話し」


 シッポは5匹兄弟の5番目として、野良のお母さん犬から生まれました。

なぜ、シッポかというと、他の兄姉よりもシッポが小さいからです。

ある日、いつも優しいお母さんが、暗くなっても帰って来ない、兄姉、みんなが心細く、泣き続けました。

次の日、見た事の無い大きな生き物が、僕たちを覗き込むと同時に、次々と箱の中に、入れ始めました。最後に僕を抱え上げると「シッポが小っちゃいなぁ」と一言。箱のふたが閉められると、真っ暗、怖くなって、みんなで泣き始めました。

変な音がして、ずっと揺れていたかと思うと、たくさんの犬たちの泣き声が、箱の外から聞こえてきました。その中にひときわ、聞き覚えのある大きな声。

箱のふたが開くと、お母さんの顔が。箱の中に顔を突っ込んで、みんなを一生懸命なめてくれ、僕らも一生懸命になめ返しました。すぐに、あの生き物が、僕たちを箱から出してくれたので、僕たちは大喜びで、お母さんに飛びつきました。

少しだけ、僕たちは大きくなりました。

ある日、

お母さんと僕たち、他の犬たちを、大きな生き物の仲間が、別の場所に連れ出しました。

久しぶりの空の下です。すると大きな生き物がたくさんいました。大きな生き物と、そっくりの半分くらいの生き物もいました。ガヤガヤと僕たちを触り始めました。

兄姉たちを、別々の大きな生き物やその半分くらいの生き物が、連れて行ってしまいました。僕はお母さんとふたりになりました。

兄姉たちはいなくなってしまいましたが、定期的にそんな日があります。

その日は、空が見えて、広い場所に出られるのが、嬉しい日でもありました。

また、少しだけ大きくなりました。

ある日の空が見える日、お母さんが連れて行かれました。

いつものあの日

しわくちゃな大きな生き物が、僕を抱きかかえました。

はじめての事ですが、幸せな気持ちになりました。

しわくちゃな生き物は、ふたりいました。

僕を外の見える小さな部屋に連れて行くと

変な音がして、揺れ始めました。

景色が動いています。

しわくちゃな生き物は僕に

「大丈夫だよ、心配しないで、大切にするよ」

と言って微笑んでくれました。

その日から、いつも、そのしわくちゃな生き物ふたりと一緒でした。

本当に、楽しい日々が続きました。

「僕の大切な家族です。」

ある日、しわくちゃな生き物のひとりが、僕の目の前で倒れてしまいました。

もうひとりのしわくちゃな生き物が、抱きかかえて、あの動く部屋で、どこかに出かけて行きました。

暫くすると、ひとりだけ帰ってきました。

僕は玄関で、もうひとりの大好きなしわくちゃな生き物を待ちました。

でも、二度と帰っては来ませんでした。

僕の大好きな、しわくちゃなひとりの生き物は、いつも悲しそうにしています。

僕がペロペロなめると、笑顔を見せて元気を取り戻してくれます。

前にも益して、いつも一緒でした。

ふたりの時が流れました。

ある朝、大好きなしわくちゃなひとりの生き物は、眼を覚ましませんでした…

また、あの大きな生き物がやってきて、一緒に懐かしい場所に戻って来ました。

いつもの空が見える日、今度は大きな生き物と、そっくりの半分くらいの生き物が、僕をあの動く部屋に乗せました。

半分くらいの生き物が

「私たちが新しい家族だよ」と言ってくれました。

また、楽しい思い出がいっぱいになりました。

半分の生き物が、少しだけ大きな生き物になったころ、僕はその暖かい腕の中で、長い眠りに就こうとしていました。

「家族になってくれて、ありがとう」と聞こえました。

「僕も家族に迎えてくれて、本当にありがとう」と最後の声を発しました。




Comments


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page