top of page

イリオモテヤマネコの日

1965年のこの日に新種であることが公表されたことにちなみ、イリオモテヤマネコの生息地である竹富町が2015年に制定。

1965年、八重山列島の西表島で発見された。20世紀に入って発見された中型以上の哺乳類は稀有であり、また当初はネコ類でも原始的な形質を有する新属・新種と発表されたこともあってその発見は大きく取り上げられた。しかし、現在は遺伝情報の分析により、独立種ではなく、アジア東部に生息するベンガルヤマネコの亜種に分類されている(ベンガルヤマネコに似ていること自体は、当初から指摘されていた)。国の特別天然記念物に指定されている。


Wikipediaより


国の天然記念物のイリオモテヤマネコでさえ、車による交通事故で、生息数の危機に陥っています。車最先進国日本の事故を防ぐ技術革新を待望致します。


本土でイリオモテヤマネコがひかれていることはありませんが、タヌキやキツネ、猫などがひかれいることがあります。


最近の車は自動ブレーキを搭載しているものも多く、自動で速度を抑えることが出来るようになっています。仮にこれが動物の飛び出しに反応出来れば?


ほんの約0.1秒遅くなる事で回避が可能になります。日本の技術力なら出来ますよね。


10人に1人が保健所から選択することで殺処分を無くすことが出来ます。車のスピードを10分の1秒遅くすることで動物の事故を回避出来ます。 


車の事故に関して、人それぞれで「そんな動物たちのために…」と言う方もいるかも知れませんが、万が一、人間であった場合を考えれば、大切な機能であることは十分にご理解いただけると思います。



一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えます様に。


Comments


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page