top of page

ドップラー

クリスティアン・アンドレアス・ドップラー(Christian Andreas Doppler、1803年11月29日 - 1853年3月17日)は、オーストリアの物理学者、数学者、天文学者。

観測者と震動源との相対運動によって振動数が変化することを詳しく調べ、1842年、それをもとに数学的な関係式をつくった。いわゆる「ドップラー効果」である。

Wikipediaより

ドップラー効果とは近くづく音源が、その音の波の密度が上がることと、遠ざかる場合は逆にその密度が薄れることで、同じ音でも変わって聞こえる現象ですね。人と動物たちとの心もある意味、同じかもしれませんね。



最新記事

タグ
リンク集

月別