top of page

ニャンコは煮干しの夢を見るか?

煮干しの日


全国煮干協会が1994年に制定。2(に)1(ぼ = 棒)4(し)の語呂合わせ

煮干し(にぼし)は、小魚を煮て干した水産加工品。主に出汁をとる材料として使われるほか、そのまま、あるいは乾煎りにするなどで食べられている。カタクチイワシで作ったものが最も一般的だが、マイワシ、ウルメイワシ、キビナゴ、アジ、サバ、トビウオ(あご)などを原料としたものもある。

Wikipediaより

今日は言わずと知れたバレンタインデーですが、煮干しの日でもあります。

ニャンコの大好物…と言うイメージもありますが、本当のところはどうなんでしょうね。

煮干しはイヌやネコなどの動物にはマグネシウムの過剰摂取となり尿路疾患をもたらすことがあるともいわれていますから、やはり、適量のほどほどが良いようです。



コメント


最新記事