top of page

一か八か!

勝負事の日

勝負事の際に、一いちか八ばちかと言われることから、その掛け声を1月8日に見立てて制定された記念日。

一いちか八ばちかの言葉は、江戸時代の賭け事丁半博打ちょうはんばくちの、「丁」と「半」の各漢字の上部分が「一」と「八」に見えることからきているとする説が有力となっております。

丁半博打 複数のサイコロを振って出た目の合計が丁:奇数 半:偶数どちらかを当てるもの。これが転じて良いか悪いかを決める的なものになったとされております。


一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように!




Comments


最新記事