top of page

世界自転車デー


2018年4月12日の国連総会で制定。国際デーの一つ。

世界自転車デーの意義

世界自転車デーは、属性に関係なくすべての人のためにある。人間の進歩と前進の象徴としての自転車は「寛容、相互理解、尊重を促進し、社会的包摂と平和の文化を促進する」。さらに、自転車は「持続可能な交通の象徴であり、持続可能な消費と生産を促進するための前向きなメッセージを伝え、気候によい影響を与える」とする。

世界自転車デーは現在、1型糖尿病および2型糖尿病の人々に対する健康的なライフスタイルの啓発に関わっている。

Wikipediaより

こどもの頃は、市中を自転車で走り回っていましたが、今よりも道路事情が良くなかった割に、危険はさほど感じませんでした。反面、現在、道路は整備された気はしますが、逆に自転車で走るのは怖そうな道路をたくさん見かけます。自転車事故は確かに減っているとは思いますが、怖くて乗れない事情もありそうですね。自転車が足の皆さんは気の毒に感じることも多々、安全な道路になることを願います。



Comentarios


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page