top of page

多様性を考える

国際生物多様性の日(1994年 - 1999年)

1994年の生物の多様性に関する条約締約国会議で制定された国際デーの一つ。1993年のこの日に生物の多様性に関する条約が発効したことを記念。2000年から、同条約が採択された日である5月22日に変更された。

Wikipediaより

「生物多様性」というのは、人間などの動植物から、菌類などの微生物まで、地球上に生息するすべての「いきもの」たちが支えあいバランスを保っている状態のことをいいます。 地球上には、さまざまな環境に適応して進化した3,000万種ともいわれる多様な「いきもの」が生息しているのです。

Google searchより

つまり、野良犬や野良猫が普通に存在した街では、現在、殺処分などにより、大きくその個体数は減少し、淘汰も間近、その為に生態系のバランスは大きく崩れました。野生動物が市街地に現れ、鳥類の異常発生も見られます。以前の様な犬猫たちの共生はもう夢物語になってしまったのでしょうか。助け合って共に歩んだ長い日本の歴史を忘れないで欲しいです。


一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように!




Comments


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page