top of page

天使のささやき…

天使の囁きの日

1978(昭和53)年2月17日、北海道幌加内町母子里で氷点下41.2℃という最低気温が記録されたことにちなんで、天使の囁きを聴く会が記念日に制定しております。

「天使の囁き」氷点下20℃以下になると空気中の水蒸気が凍ってできる氷の結晶ダイヤモンドダストを指しております。

最低気温を記録…と聞くと、寒さ等であまり良いイメージが持たれないことから、イメージ改善のひとつとして同会が雪の神秘を感じ、北国の生活の楽しさや素晴らしさを体験してもらいたいとの思いから天使の囁きのネーミングを使用しております。

また、例年2月17日にはダイヤモンドダストを実際に観察するイベントなど、厳冬の一夜を体験出来天使の囁きを聴く集いが実施されております。

加えて、氷点下41.2℃を記録したことにちなんで造られた最寒の地 記念公園クリスタルパークでは、ライトアップなどが実施されております。

ちなみに…氷点下41.2℃の観測記録は、気象庁の公式記録となる観察対象からは外れていたため、非公式ながら日本最低気温となっております。


一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように!




Comments


最新記事