top of page

気候変動対策の最前線

世界気象デー


1950年3月23日に世界気象機関(WMO)が発足したことから、発足10周年を記念して1960年に制定。国際デーの一つ。


Wikipediaより


世界気象デー(2024年3月23日)

~2024年のテーマは「気候変動対策の最前線」~ “At the Frontline of Climate Action”

世界気象機関(WMO)は、1950年(昭和25年)3月23日に世界気象機関条約が発効したことを記念して3月23日を「世界気象デー」としており、毎年、気象業務への国際的な理解促進のためのキャンペーンを行っています。今年のテーマは「気候変動対策の最前線」で、WMOでは、3月21日(木)にスイス・ジュネーブの本部で記念セレモニーを開催する予定です。


気象庁HPより



Comments


最新記事