top of page

猫の愛より偉大なギフトはあろうか

チャールズ・ディケンズ

チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens、 1812年2月7日 - 1870年6月9日)は、ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家である。主に下層階級を主人公とし弱者の視点で社会を諷刺した作品を発表した。

新聞記者を務めるかたわらに発表した作品集『ボズのスケッチ集(英語版)』から世にでる。英国の国民作家とも評されていて、1992年から2003年まで用いられた10UKポンド紙幣に肖像画が描かれている。英語圏では、彼の本、そして彼によって創造された登場人物が、根強い人気を持って親しまれている。『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』などは、忘れ去られることなく現在でも度々映画化されており、英語圏外でもその作品が支持され続けていることを反映している。

Wikipediaより

日本は猫の室内飼育が世界的に最も徹底されている国と感じます。ルールを守る国民性の賜物ですね。ただ、個人的に犬や猫が躾と避妊去勢は必須としても、外を安全に自由に歩くことが出来る社会が、より素晴らしい理想の社会と思います。もちろん、現時点はルールがある以上、しっかりと室内飼育、飼い主のリード同行を守り、あくまでも将来にそんな安全で自由な社会が実現することを願っています。多くの方には、そんな社会などになるはずがない、望まないと、一蹴されそうですが😅

駅に飼い犬、飼い猫が迎えに来てくれる…、古き良き時代の話しでは無く、理想の未来であったなら…、子供たちが自由に遊び、人が安心して歩ける。そんな夢を共有できる方々がいらっしゃったら嬉しいですね。



最新記事

タグ
リンク集

月別