top of page

自然をたたえ、生物をいつくむ日です。

春分の日(しゅんぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされる。通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日。

しばしば昼が長くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。詳細は春分を参照。 本項では「春分の日」と「春分日」を区別して記述する。

国民の祝日の趣旨

「春分の日」は、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律(「祝日法」、昭和23年法律第178号)によって制定された。同法第2条では「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」ことを趣旨としている。


wikipediaより


春分の日は、お墓参りの日として祖先や故人に想いを寄せて、敬う日と思っていました。もちろん、大切な事とは思いますが、あらためて、祝日法として良いことを定めていましたね。迷わず、いいね!押しちゃいます。



Comentários


最新記事