top of page

風の吹く時

風の日 


風が吹く(29)に由来。

現代では「気流」が類義語にあたる。「風」に対して、風が全くない無風状態のことを「凪(なぎ)」という。

また、古来、風という言葉は眼に見えないものを象徴するためにも使われる。日本語でも意味深い言葉であるが、日本語以外では例えばヘブライ語で風に相当し、龍の発音に似る「Ru(巻き舌)ah」という言葉は深い意味を持っている。(→聖霊、霊性の項に説明あり)

空気全体の動きということで、全体的な雰囲気の方向のような意味で「風」という言葉が使われる例が多い。選挙において「無党派の風が吹いた」とか、「逆風が強かった」などという。また、芸術やファッションなどにおいて○○風(ふう)というのもこれに近い。


Wikipediaより


風を使った言葉の中で、以前、風潮という言葉は私の中で、とても眩い明日への光に感じていました。でも、最近は残念なイメージの代名詞にも…。現代社会では凪の場所に居たいと願うように。歳のせいでしょうか…。でも、犬猫たちには、是が非でも命を尊ぶ風が吹いて欲しいと願っています。社会の真実の愛の風潮を感じたいですね。



Comments


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page