top of page

精霊の日

3月18日は「精霊の日」です。 日本最古の歌集である『万葉集』を代表する柿本人麻呂・和泉式部・小野小町の命日として言い伝えられていることから、日本特有の記念日となっています 。 精霊は通常「せいれい」と読みますが、この場合は、死者の霊魂を意味する「しょうりょう」が正しい読み方です。


prtimes magazine より 


精霊とは

精霊(せいれい)とは、草木、動物、人、無生物、人工物などひとつひとつに宿っている、とされる超自然的な存在。他に「万物の根源をなしている、とされる不思議な気のこと」。精気や「肉体から解放された自由な霊を意味する場合がある。


Wikipediaより



Comments


最新記事