top of page

旅の日

旅の日

俳人・松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅を出発した旧暦元禄2年(1689年)3月27日が太陽暦でこの日に当たることにちなみ、1988年に日本旅のペンクラブが提唱。

『おくのほそ道』は日本の古典における紀行作品の代表的存在であり、芭蕉の著作中で最も著名な作品である。「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」という冒頭より始まり、作品中に多数の俳句が詠み込まれている。

なお、「奥の細道」とも表記されるが、中学校国語の検定済み教科書では、すべて「おくのほそ道」の表記法をとっている。本記事もこれに従っている。 


Wikipediaより


旅をするのは人間だけではありません。様々な動物が旅をします。むしろ旅が人生そのものの動物たちもたくさんいますね。



Commentaires


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page