top of page

南極

南極の日

1911(明治44)年12月14日に、ノルウェーの探検家アムンゼンら4人の隊員が、世界で初めて南極点に到達したことを祝して制定された記念日。

重厚な氷山が多いため船が座礁しやすく、海流や天候などの悪環境の影響で南極大陸への到達は非常に困難とされていた中、いかにして南極大陸まで到達するか…?

は、国を主導とした世界の強い関心ごととなっておりました。

特にスコット隊:イギリス アムンゼン隊:ノルウェーの2隊が南極到達可能の最有力候補と目されておりました。

そんな中でアムンゼン隊による南極到達の一報は世界中で大々的に報道され、大きな話題を呼びました。

当時、犬たちは人間を極地へと導いた大切な力でした。南極と言えば、南極観測隊隊員がタロ、ジロの樺太犬が有名ですが、北海道でも生息していた樺太犬は既に絶滅しました。人間に生存を管理された犬族の多く、商業ベースに乗らない種は絶滅しました。そして、猫も人間の管理下以外は淘汰されようとしています。

本当にそんな事で良いのでしょうか?

望んでいるのは誰なのでしょうか!



最新記事

タグ
リンク集

月別