犬猫と共に生るを考える施設

レイジードッグ

現在、犬猫は4世帯に1匹の割合となり、その数は人間の子供たちを凌ぐ数です。しかし、多くのご家庭で大切に飼われている反面、未だ飼主がいなくなれば孤児となり、殺処分の対象になる可能性が高い社会になっています。殺処分される犬猫は、飼主の死去や病気などが一番の要因になっており、飼い主の責任に頼る現状では、高齢化社会のライフサイクルが波となって押し寄せた場合には対応できないことは目に見えています。一刻も早い「保健所からの選択肢を当たり前に」の告知啓蒙を進め、飼主が安心して共に暮らすことの出来る社会、何より一匹でも多くの犬猫が、幸せに安心して暮らせる社会のために、孤児の保護だけでは無く、大切な命との共存を学び、啓蒙できる共に生きる施設の開設を目指しています。

そして、自らが運営資金を生み出すことが出来る施設を前提とし、行政、企業、市民がそれぞれの役割に於いて繋がり、様々な問題を解決し、最小単位である家族から、地域、そしてより良い日本を目指す、一助として、プロジェクトが役割を果たせることを願っております。

​犬猫共生施設計画

トチ.jpg

場所:福島県郡山市西田町 アクセス:常磐道 郡山東ICより7分(3.6㎞)

面積:3522.90平方メートル 公簿(1065.68坪)

施設のベースとなる建物があり、整地と大々的な補修と改修が必要です。センターハウス用の建物は約36坪、猫舎用は約18坪(倉庫2棟分)。

6101.jpg
完成予想パース
​猫舎
Cat_edited_edited.png

敷地の整備後に既存倉庫を改装し、猫舎工事に入ります。既存倉庫は、劣化が酷く略新築工事を考えておりますが、特に冬の寒さ、夏の暑さの外的影響の少ない断熱性能の高い建物、それにより、周辺への音漏れを兼ねることが出来ます

共に生きる.jpg

​ベッドルームを区切ることで、相性の良い猫たちを個別に、ケージなどを使用しない快適に過ごすを重視し、終の棲家に相応し環境を整えます。

プレゼンテーション1.jpg

譲渡の厳しい猫は、終の棲家とし、譲渡可能な猫は、譲渡促進の為にご来場者もゆったりと過ごすことが出来、大切な出逢いが生まれる事を願っています。

​施設のスケジュールは共生施設プロセスをご参照下さい→ 犬猫共生施設開設プロセス

​猫舎内部イメージパース

犬猫施設内観1_edited.jpg

プレイルーム

​内装は可能な限り、自然素材を考えております。大きな窓で解放感も大事にしたいですね。

犬猫施設内観2_edited.jpg

バッグヤード

​皆さんのアイディアをお聞きしながら、猫たちが、お好みの空間が作れたらと思います。

グーグルアースでアクセス確認

 

※グーグルアースでアクセスを確認できます。グーグルアースが起動しましたら「プレゼンテーションを開始」を押すと、犬猫共生施設が地図上に表示されます。左下の目次ボタンで、高速道路、鉄道駅、空港との位置関係が見られます。

黒と白の地球

1000匹の絆プロジェクトⅢ

朝日新聞A-portのサイトが開きます。

8月2日正午より

2023年7月の猫舎開設を目指し、この夏に1期工事をスタートします。今回のプロジェクトのご支援金は、この1期工事の資金に充てさせていただきます。

犬猫共生施設の目標

□施設は行政で保護された身寄りの無い犬猫(老犬猫や障害犬猫の終生飼育、一般の犬猫は譲渡促進します)の保護。また、飼い主の死去、入院などでの孤児の可能性を回避するため、飼主を対象に事前に、会員登録など募ります。そして、引っ越しなどや転勤などによる一時的預り等。

□永続的な運営、独立採算を考慮し会員制の導入と、並行して環境に合わせて施設での仕事を創出、寄付や助成金に頼らない施設、採算性を持った共生保護施設の指標を目指します。

□人と犬猫が共生できる施設として、参加者やボランティア、ゲストの滞在を可能とし、ご自分の犬や猫との短期、長期滞在も含め、施設の犬猫との触れ合い、自然と親しむことが出来る施設。

□特に宿泊は、センターハウスをメインにロッジやテント、簡素、質素で素材と質感を重視した空間で、犬猫たちと過ごす、心身のリフレッシュ、自然の営み、自然を身体で感じる共生体感の施設に。

□犬猫共生をコンセプトに、よりよい社会のひとつの事例の為に最善を尽くしたいと考えます。

名前の通り、保護施設では無く共生を目指します!

一番は、ケージや檻の中に閉じ込めるのではなく、人と同じ空間で過ごすことが出来る施設。もちろん、ドッグランは犬たちの憩いの場、周辺環境にも考慮し、冒険という名の散歩が出来る場と考えています。

​想いを同じくする皆さん、犬猫たちと、一生の宝物になるような体験を願っております。

犬の家
mamu.jpg

1000匹の絆プロジェクトにて、犬猫共生施設実現に向けて進行中です。プロジェクトでは敷地が確定し(前記)準備を進めております。敷地は傾斜地になりますので、パースとはイメージが異なりますが、モデルとして開設し、全国で同じ思いの方のロードモデルになれたらと願っております。このような施設も将来、見ることが出来たらとを願っております。

施設雪景色.jpg
mamu21.jpg
ひびの入ったコンクリート壁

1,000匹の絆プロジェクト

犬猫共生施設の実現への道

実現を目指し、寄付に頼らない手法として、犬猫モニュメントを1,000体を製作目標に、その収益資金を元に犬猫が楽しく安心して過ごせる施設の開設、人が犬猫たちと過ごす事が出来る施設、犬猫との共生を体感し、新たな動物愛護の方向性を目指します。

FSDC-fabikon.jpg

一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように

「1000匹の絆プロジェクト」開催中!