応援Q&A

保健所犬猫応援団ってなんだろう?

publicdomainq-perplex.png

ここでは、保健所犬猫応援団についてQ&Aでご説明させていただきます。

Q1

保健所犬猫応援団って、簡単に言って何ですか?

87652010_2820981144648086_5464963675020328960_o_edited_edited.png

A.保健所犬猫応援団は保健所に収容された犬猫を応援する活動、それは、犬猫を飼い始める方に、保健所から命を繋ぐ選択があることを伝えて、犬猫が出逢いに恵まれることで、殺処分の無い日本を目指す応援という活動です。

Q2

どのようにそれを伝えているのですか?

87652010_2820981144648086_5464963675020328960_o_edited_edited.png

各種SNS、特にフェイスブック上で主に伝える応援活動をしています。その他に、人が集まるイベント会場や、譲渡会を保健所と連携し行った実績もあります。まだまだ、微力ですので皆様の応援の力をお待ちしております。

Q3

犬猫の保護活動はしていないのですか?

87652010_2820981144648086_5464963675020328960_o_edited_edited.png

A.保護活動は行っておりません。殺処分を無くす為には何より、殺処分対象の犬猫が新たな飼い主に出逢うことだと思っております​。ただし、譲渡が難しい犬猫の為に保護では無く、共に生きることが出来る共生施設を計画しており、現在、土地の許可申請が下りる段階で、ままなく施設の工事着手を迎えることが出来ます

Q4

​もし、応援に参加したい場合はどうすれば良いのでしょうか?また、どんなお手伝いがありますか?

87652010_2820981144648086_5464963675020328960_o_edited_edited.png

A.ご参加の仕方は様々ございますので、メールにてお気軽にご連絡下さい。また、SNSで記事のいいねやシェアは本当にありがたい応援の一つです。一人でも多くの方に届けば、大切な命が繋がります。

​犬猫は声を発することは出来ません。どんなに生きたいと願っても、声は届きません。犬猫に想いを寄せ、犬猫の代弁者になることが出来る皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

​豆知識
1521424098.png

本当に応援で殺処分は無くせるのか?と疑問を持たれる皆さんへ、

日本で新たに犬猫ペットショップブリーダーから、飼い始める方の数は概ね80万人、その内10人に1人保健所から犬猫を迎える選択をしたとすると8万匹、保健所や愛護センターに収容される犬猫は現在7万匹強ですから、たった10人に1人の選択で、殺処分は必要なくなります。また、10人に1人の選択が、難しい?かと言うと、アメリカでは、シェルター(日本の保健所などの殺処分がある施設)からの選択は60%以上となっており、つまりは10人に6人以上も選択していることになりますから、アメリカで出来て日本で出来ない訳は無いですね。しかもハードルはとても低くなっています。

​ただ、現状の日本ではそのことが、あまりにも伝えられなさ過ぎています。殺処分を無くすには法律を変えなくてはいけない!ペットショップを無くさなくてはいけない!ある意味、簡単に出来ないことを掲げています。その為に一人でも多くの方に、真に殺処分を無くす方法を伝え、明日の尊い命を繋ぐ活動が応援団の活動です

​ごいっしょに!大切な命の応援!

1000匹の絆プロジェクトⅢ

2022年8月2日 ~ 10月31日

朝日新聞社 デジタル・イノベーション本部アライアンス事業部にて「1000匹の絆プロジェクトⅢ」開催!犬猫共生施設に向けて、皆さまのご参加、ご支援をどうぞよろしくお願い致します。

8月2日正午より

1000匹の絆プロジェクトⅢjpg
FSDC-fabikon.jpg

一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように

「1000匹の絆プロジェクト」開催中!