1000匹の絆プロジェクト

犬猫共生施設の実現への道

朝日新聞社クラウドファンディング事業A-portにて、犬猫の殺処分ゼロ、人と犬猫が共に暮らせる社会を目指した犬猫共生住宅を目指し2020年7月開始致しました。犬猫の殺処分は続いています。その殺処分を無くす方法は命を繋ぐ選択肢を広め、一人でも多くの方が、里親として家族に迎える事、このプロジェクトでは、皆さんと皆さんの家族である犬猫の力を借りて、その大切な選択肢を広め、一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢える事を目的とし、そして、人と犬猫たちが共に暮らすことが出来る共生施設モデルとして開設を目指しています。特に殺処分ゼロを目指すには、譲渡が難しい犬猫を保護できる施設が必要、殺処分を無くす為に譲渡をメインとし、譲渡が困難な犬猫の受け皿になりたいと考えます。また、リーターンマテリアルでもあり、プロジェクトの表題でもある1,000匹の絆の象徴的、モニュメントが、ご参加の皆さんを繋ぎ、多くの絆が幸せをもたらし、殺処分の現状を変える大きな力となることを願う1,000匹の絆プロジェクトです。

1000PRO.jpg
犬猫の幸せを一番に考えると、なぜ?私たちが行動する必要があるのかが見えて来ます。

保健所犬猫応援団は、1,000匹の絆を実現し、殺処分の無い日本を目指します。

​現代社会では、様々な情報が溢れ、個人個人の考えや立ち位置、利害や損得は負の風潮を作り出し、真の命の愛護が、書き換えられてしまっています。

殺処分される命、命を繋ぐよりも優先される愛護などありません。

「殺処分の現状とプロジェクトの意義」 

保健所犬猫応援団は、1,000匹の絆を通し、殺処分を無くし、そして未来に引き継ぎます。

現在、人間にとって必要の無いと判断された犬猫たちが、殺処分の対象になっています。そこで、日本の愛護では必要の無い犬猫を無くすという方向性により、その数を減らし、敷いては淘汰することに重点が置かれています。

確かにそのような方向性でも、殺処分が無くなる観点で理解は出来ても、元来、動物は人の為に生きている訳では無く、もちろん犬猫であっても同じです。

 

共に地球に住まう仲間として”生きる”を尊重してこそ、私たちの社会が目指すべき大切な指標ではないでしょうか!

 

必要が無いから、排除して良い、必要が無いから淘汰しても良いという考えは、命を考える時に、決して妥協し受け入れてはいけないと信じてやみません。受け入れれば必ず人間社会の内々にも悪影響を与え、殺伐とした世界へ繋がってっしまいます。保健所犬猫応援団は、命を繋ぐ事に目標とし、殺処分の無い社会を目指す活動をしてまりましたが微力にも、いつの間にか風潮は安易な道を歩み、大勢を占めて、殺処分対象の犬猫は愛護から外れ、命を繋ぐ譲渡数は減少に転じています。つまりは、愛護のコンセプトは風潮では無く、確固とした信念に基づく道でなければならないと考え、その意味で形ある行動を伴う道を歩む重要性を感じております。

1000匹の絆は、命を尊び、次世代に引き継がれて欲しい、人と犬猫たちとの関係を最善の形で実現するため実践する活動として、風潮に惑わされずに、自分で考え、自らが道を切り開く、大切な命を尊重する社会を目指す絆と願っております。

殺処分グラフ.jpg

環境省総計資料のページのグラフから

右が全国の犬・猫の引取り数の推移(いわゆる収容数)左が全国の犬・猫の殺処分数の推移(殺処分数)見事にシンクロしています。そして、その意味するところは、収容された犬猫の殺処分により、個体数を減らし、収容数が減る、そして殺処分を続け、いずれゼロを迎える殺処分による殺処分ゼロの道筋(野良や野犬と呼ばれる自由犬猫の相当数を長年に渡る殺処分で淘汰し、殺処分の減少に繋がった隠された真実です)

※このグラフは環境省のwebページに掲載される真実のグラフです。比較しやすいように一方にだけに表示されている線グラフの表示を取り除いています。

犬猫共生施設開設プロセス
プロジェト行程.jpg
 
​プロジェクトに参加する

朝日新聞A-portのサイトが開きます。

クラウドファンディングのご報告
株式会社 朝日新聞社 デジタル・イノベーション本部アライアンス事業部 with ​保健所犬猫応援団

​開催期間 2020年7月4日~9月6日

  • ご支援者

    582人

  • ご支援金額

    7,943,000円

    目標金額:10,000,000円(最終目標)

  • ​モニュメント85体

​開催期間 2021年7月15日~10月20日

  • ご支援者

    133人

  • ご支援金額

    1,574,500円

    目標金額:6,000,000円

  • ​モニュメント16体

犬猫共生施設へのお名前掲示コース

​共生施設開設までの間、掲載させていただきます。(ご支援順、施設掲載ご了承者)

  • 山脇 美子様

  • 若原 典子様

  • 高橋 稔人様

  • 高尾 美雪様

  • 桜井 智康様

  • 伊藤 勝久様

  • 坂井 明子様

  • 古藤 祥子様

  • 大髙 眞紀子様

  • 米澤 和子様

  • 村上 仁子様

  • 永井 道江様

  • ​おーじとひでまろの母様

715名様にご支援、ご参加いただきました。

あたたかいご支援、応援ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

​ご参加のモニュメントたちを随時UPさせていただいております。そして1,000匹の絆プロジェクトは続いています。

​1000匹の絆プロジェクトⅠ

ご支援者様の声

1000匹の絆プロジェクトⅡ

ご支援者様の声

White Structure
118121749_3410470742352737_3575022631291050115_n_edited.jpg

菅原美智子アナウンサーからの応援メッセージ

私も以前ペットを飼っていました。飼っていたというよりは、パートナーでした。
果たしてパートナーとして幸せな一生だったかわかりませんが、精一杯一緒のときを大事にしました。
そんなオーナーさんは多いと思います。
物言えぬ立場だからこそ、人間の身勝手で不幸な状況にさらさないようにしたいものです。
殺処分のない世界になるよう、君島さんたち保健所犬猫応援団の活動を、これからも応援していきます。

菅原美智子

菅原美智子様、犬猫応援ありがとうございます。

私がまだ、20代の頃、あるイベントをプロデュースさせていただきました。実際は本業では無く、全くの素人でしたが、イベントは当時ディズニーで「くまのぷーさん」のバックグラウンドを描き、日本人唯一のチーフデザイナーの作品展、日本の郡山という一地方での開催でした。そのイベントに取材に来ていただいたのが、地元のラジオ局アナウンサーの菅原美智子さんで、30年の年月を経て、私を覚えていてくださっていたとは信じ難いのですが、応援メッセージをいただきました。福島県で知らぬ方がいない程の著名なアナウンサーさんで、福島にドライブに来たことがある方の中にはラジオから流れる菅原美智子アナウンサーの美しい声を聴いた方も大勢いらっしゃるのではと思います。

余談ですが、私の方はイベントでTVのアナウンサーさんの取材もあり、中でも、声が武器のラジオアナウンサーさんが、こんなに美しい方とは思わず、今も衝撃的に覚えて下りましたが、美しさは本当に今も変わらないですし、30年も前に一度お会いしただけで、犬猫の為に快く応援いただける御心の美しさに深く感激致しております。

保健所犬猫応援団 旗手 君島 健

​菅原美智子様

•秋田県大仙市(旧仙北郡仙北町)出身。聖霊女子短期大学英語科卒業。

•小学生から高校生時代まで放送のクラブで活動していた。

•1979年アナウンサーとしてラジオ福島入社。

•自分の番組で寄せられたイラストやポエムの中から選りすぐった作品を集めて、手作りのポエム集を発行したことがあった。

•昭和59年度の日本民間放送連盟賞のCM部門で、ラジオCM優秀賞を受賞。

2019年3月をもってラジオ福島を定年退職 フリーとして活動。退職後も担当した一部の番組は継続して出演している

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

FSDC-fabikon.jpg

一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように

「1000匹の絆プロジェクト」開催中!