top of page

かえるぜよ

ライバルが手を結ぶ日

慶応2年1月21日(旧暦。新暦では1866年3月7日)、坂本龍馬らの仲介により長州藩と薩摩藩が薩長同盟を結んだ。

ライバルの語源はラテン語で「小川」を意味するrivusの派生語であるrivalis。これが「同じ川(水源、水利権)を巡って争う人々」から「一つしかない物を求めて争う人々」の意味へと発展し、フランス語を経由して英語になった。なお、英語のライバルは「常に対立し合っている宿敵」という意味で、好敵手という意味合いは無い。


Wikipediaより


坂本龍馬の様な賢者が、愛護の世界に現れてくれたら犬猫たちの命が無情に奪われ続くことはないでしょうね。

「人々と犬猫の営みがあれば必ず孤児は発生する!蛇口を絞ってゼロなんて絵空事、人々の絆で命を繋ぐ社会が何よりも大事、そして、ペットの業界があるならば当事者として責任を持つべし、そして、命を守る愛護の人々への支援は当たり前にするなり!さすれば、大切な日本の未来に繋がるぜよ!」


一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように!




Commenti


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page