top of page

マザーテレサ生誕日

マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年8月26日 - 1997年9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ(Saint Teresa of Calcutta)は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。本名はアルーマニア語でアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ(Agnesa/Antigona Gongea Boiagi)、アルバニア語でアニェゼ/アグネス・ゴンジャ・ボヤジウ(Anjezë/Agnès Gonxha Bojaxhiu)。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名である。コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

Wikipediaより

全国には、日々、犬猫を繋ぐ活動をされる尊い方々がいらっしゃいます。そして、大切な命を想い、応援を続ける皆さんがいらっしゃいます。決して大きなことをする必要はありません。日々、コツコツと大切な想いの積み重ねが、きっと明日を変えることが出来ると信じています。



Comments


最新記事