top of page

アラスカを買ったアメリカ

1867年 - アメリカ合衆国の国務長官ウィリアム・スワードにより、アラスカを720万ドル(1エーカー・約4047平方メートル当たり2セント)でロシア帝国からアメリカ合衆国に売り渡す契約が締結される。当時は「スワードの愚行」などと呼ばれ、良い評価は受けなかった。(アラスカ購入)


Wikipediaより


当時は愚行と呼ばれても現在では、最高の施策になることも多々あります。

殺処分を無くす為に、選択肢を当たり前にする活動も、無意味な愚行と思われているようにも…、犬猫の大切な命、最善を尽くし実現あるのみです。


一 匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えます様に。



Commentaires


最新記事

タグ
リンク集

月別

このページに記載されているデータの著作権は、デュホームアンドガーデン株式会社に属します。無断転載・複製を禁じます。

 Copyright ©FriendsOfShelterDogsAndCats. All Rights Reserved.

bottom of page